日冷工業(株)

インフォメーション

自己アピールポイント

各種冷熱製品用冷凍サイクル配管・ユニットの製造を行う企業です。

認証システム審査委員推薦コメント

日冷工業株式会社は、家電品・自動車機器・各種産業機器の冷凍サイクル用の配管・部品、冷凍サイクルユニットを主力製品とする製造業である。「脱下請け」「自社ブランド化」を掲げ、自社製品の売上高比率1/3を目標に下請企業から開発型企業への脱皮を目指した革新活動が、NPI(=Nichirei Productive Innovation)活動という全社的改善活動を通して行われており、経営体質の強化に繋がっている。財務的にも売上高は過去3年25億円前後で安定し利益も確保されており、健全な状況で推移している。
また、1994年12月に日中合資会社として設立した上海日永金属有限公司も300名を超える従業員を抱え、日系の家電メーカーや自動車メーカー向けに安定した部品供給を行っている。


日冷工業(株)
0282-43-3311
会社名 日冷工業 株式会社
所在地 〒329-4415
栃木県栃木市大平町真弓1570
TEL:0282-43-3311  FAX:0282-43-1940
E-mail/URL uesugi@nichirei.net     http://www.nichirei.net
代表者名 上杉 昌弘
創立 昭和33年12月1日
資本金 1000万円 
従業員数 146名
業務内容 冷蔵庫、ルームエアコン、カーエアコン、産業機器、IT関連機器の冷凍サイクル配管・冷凍サイクルユニットの製造 
取引銀行 第一勧業銀行栃木支店、足利銀行大平支店 
主要取引先(順不同) (株)日立製作所、昭和アルミニウム(株)、(株)不二工機製作所、(株)日立栃木エレクトロニクス、(株)長府製作所、(株)日立ホームテック、SMC(株)、サンデン(株)、富士重工業(株)、(株)富士通ゼネラル、松下冷機(株)、国際電機(株)、(株)日立栃木マテリアル、丸紅メタル(株)、その他数

沿革

昭和33年 冷蔵庫の冷凍サイクルサービス業務を中心に発足
昭和33年 家電用冷凍サイクル用配管と冷凍サイクルユニットの製造を開始
昭和38年 第2工場 増設
昭和41年 カーエアコン用冷凍サイクル配管の製造を開始
昭和41年 制御機器用部品の製造を開始
昭和53年 暖房関連機器用部品の製造を開始
昭和55年 第3工場 増設
昭和57年 冷凍サイクル用CNCベンダを導入(業界初)
昭和57年 産業用冷凍サイクル配管の製造を開始
昭和58年 CNCベンダとロボットのシステム化を図る
昭和62年 配管加工設備の外販を開始
平成元年 新工場稼働開始
平成 6年 上海日永金属有限公司 設立
平成 8年 環境機器製品 製造開始
平成 9年 上海日永金属有限公司 第2期投資
平成10年 ISO9002認証取得
平成12年 IT関連機器用冷凍サイクル配管等の製造を開始

設備・その他

機  械  名 メーカー名 機  械  名 メーカー名
コイル切断機:2台 IMS 流量測定装置(空気):2台 NRK
NCスピンカッター:1台 IMS 流量測定装置(液):1台 NRK
直管切断機:2台 朝霞 配管詰まり検査装置4台 NRK
自動絞り切断機:1台 広瀬技研 高圧気密検査装置:5台 NRK
自動バフ面取り機:3台 IMS 低圧気密検査装置:4台 NRK
自動短尺パイプ面取り機1台 NRK 投影機:1台 ミツトヨ 
メタルソー研磨機:1台 根津精機 冷媒封入装置2台 NRK
自動加工機:5台 IMS 冷凍機油・窒素封入装置:2台 東洋油機
自動分岐管加工機:5台 IMS 窒素封入機:2台 NRK
自精密加工機:1台 IMS 圧縮機自動検査装置:2台 柳田機器
カラーリング加工機1台 NRK 圧縮機自動オイル計量装置:2台 柳田機器
クローバー加工機1台 NRK フレアナット自動締め付け機:1台 NRK
フィンチューブ加工機:2台 NRK インバータースクリューコンプレサ:2台 日立
スエージングマシン:6台  タマダ 高圧空気圧縮機:1台 田辺空気
穴明け加工機:2台 JAM  ドライエア発生装置:1台 山武計装
NCベンダ:20台 オプトン ヒートレスドライエアー:5台 SMC
冷蔵庫HGパイプ加工機:3台 薫技術社 CE装置(液体酸素):1台 東洋酸素
丸型自動洗浄機:3台 光機熱工業 LPG集合装置:1台 小野口
ガス自動ろう付け機(アルミ):5台 エノキ他 窒素発生装置:2台 日立
ガス自動ろう付け機(銅):7台 NRK 自動真空包装機:2台 古川SS
高周波ろう機:2台 島田理化 活性炭自動封入機・金網圧入装置:5台 NRK
ヘリウムリークテスタ:1台 ライボルト    

ビジネス情報

冷凍サイクルユニット、および冷凍サイクル等の配管を製造しているメーカーです。


家電製品分野の冷凍サイクル製造技術をベースに、自動車分野、産業機器分野、IT機器関連分野にいたる幅広い分野で専業ならではの経験をもとに、最新の技術と設備を駆使し、人の暮らしをより快適に、より楽しくする製品づくりに取り組んでおります。
◆生産システム
 日冷工業(株)では、フレキシブルな発想と思想の元に、製品づくりための設備、ライン、システムを社内に蓄積されたノウハウと人材により、自社で開発、製作しています。
 受注から生産管理・出荷に至るまでの全工程を、社内にネットワーク化されたパソコンで一元管理しており、特に生産管理においては生産計画・生産指示・進捗管理・出荷管理の各工程をパソコンが管理し、顧客の要求にすばやく対応できるシステムを構築しております。

◆海外展開
 日冷工業のクォリティと蓄積したノウハウをより広い世界で展開するために、1994年に中国の新しい鼓動の中心である上海に合弁会社を設立。コスト対応力とワールドワイドな事業展開を目指し、果敢に挑戦しています。
上海日永金属有限公司では、現在中国国内での販売をはじめとして、日本・東南アジア諸国への輸出を行っており、21世紀戦略の重要拠点となっております。


 

  ●冷凍サイクルの製造
  ●銅・鉄・アルミ等パイプの各種加工
  ●家電産業機器冷凍サイクル配管等
  ●自動車用冷凍サイクル配管等
  ●洗車排水リサイクルシステム