足尾化学工業 株式会社

インフォメーション

自己アピールポイント

認証システム審査委員推薦コメント

足尾化学工業鰍ヘ足尾町にて昭和47年に創業されました。足尾銅山の操業閉鎖に伴い、職を失くした抗夫
に対する雇用対策として足尾町が浄化槽製造会社として設立しましたが、経営不振により売却に出しましたところ、同社の取引先の営業マンであった現社長が買い取り、新たに創業を開始しました。当初はクボタなど大手メーカーの浄化漕のOEMがほとんどでしたが、当社発のブランド品として酪農家向けの、浄化槽を組み入れたパーラー排水システムを開発し、このシステムを主とした付加価値の高い元請け体制のビジネスモデルの構築に向けて、研究開発活動と共に北関東中心に新規市場開発を展開してきました。また平成25年から宇都宮大学、栃木県畜産酪農研究センター及び当社の三者共同体で畜産排水に係る将来の環境問題に対応できる処理システムの研究開発を展開しています。足尾町の本社工場の他に福島県郡山市に営業所があり、主にパーラーシステムの設置工事の管理・監督を行っています。当社の主要製品である浄化槽は、部材から管体組み立て加工までの一貫生産体制が確立されており、大型工芸品並みの製造技能を有し、当社独自のコアコンピタンスとなっています。財務結果としては、直近において、本社工場の近隣地の購入による長期借入金の増加などにより、収支は良好と言えない状況ですが、特に問題はなく、人口・企業の過疎化が著しい足尾町において今後、成長企業として期待できると考えます。


足尾化学工業 株式会社
0288-93-3518
所在地 栃木県日光市足尾町4447
代表者 高田 清一
創立 S48.7.5
資本金 1500万円
従業員数 10名

沿革

ビジネス情報