株式会社 ソネッティーク

インフォメーション

自己アピールポイント

認証システム審査委員推薦コメント

 当社は、平成6年に有限会社を設立し、平成9年に株式会社に改組した。事業内容は物流代行サービス業であり、荷物を預かり、荷主の指示に従って指定の配達先に向けた荷物のピッキング、二次加工等を施して、配送ルートに乗せるところまでの、いわゆるサードパーティーロジスティクス業務を請け負っている。平成3年にかつて従事した貿易会社の関連業務を引き受け、引き継ぐ形で個人創業し、後に法人化するなどして業容を拡大してきた。現在は、スポーツ用品、アウトドア用品、美容用品、寝具、ペットフード、食器など、様々な業種の企業の荷物の入出荷に係る総合的な物流関連業務を提供するユニークな物流関連サービスを提供している。
 経営者は、かつて当業界における貿易等商品取引に関する豊富な経験・知識を基に市場、及び自社の顧客特性とそのニーズをよく研究し、長年に亘り独自の物流周辺の業務を研究し、それをサービス商品にして、関連ノウハウを駆使して荷主に対する専門的な物流関係サービスを提案している。また、代表者のかつて従事した貿易会社に於ける様々な商品取扱の知識・ノウハウから来るアイデアを元に業務サービスを提案し、新規顧客を開拓して、利益性は十分でないが、業績を伸ばしている。
 「全従業員の物心両面の幸福を追求することと同時に、人類・社会の進歩発展に貢献すること」を経営理念として、『えがお』によるみんなの「幸せ」の実現を最大のゴールにしている。多品種・少ロットのものを多頻度納品するというサービスを提供することで顧客満足度を高める努力を続け、顧客企業に貢献している。
 今回の現地審査では、専門的な物流関連サービス(サードパーティーロジスティクス業務)を全国の各地に立地する企業のためのコア施設となるべく業務を提供している経営上の工夫など、固有の価値創造のプロセスを検証するとともに、将来における持続的な変化対応力の要素を診た。
 そこでは、事業環境を見極める情報の収集・分析・活用、そして物流周辺の多様なニーズを具体化してサービス商品に仕上げる企画力、荷主ユーザーの立場に立った提案力などに優位性が認められる。また、経営者は、将来の当地を含めた全国的な物流環境の変化を見て、物流業務周辺の、及び新しい業務需要にも目を向けて事業展開することを長期的な戦略として構想し、競争激化の中で存続できる経営を推進しようとしている。


株式会社 ソネッティーク
0285-56-8801
所在地 〒329 - 0607
栃木県河内郡上三川町西汗1662-1
E-mail osone@sonettique.com
ホームページ http://www.sonettique.com/
代表者 大曽根 雄二
創立 1997 年  8 月  7 日
資本金 2685 万円
従業員数 15名(うちパート10名)

沿革

ビジネス情報