ヘイコーパック株式会社

インフォメーション

自己アピールポイント

認証システム審査委員推薦コメント

ヘイコーパック鰍ヘ、東京都にある包装用品・店舗用品の総合商社潟Vモジマ(東証1部上場)の紙製品部門の製造を請負うグループ最大の工場として主に紙袋、包装紙製造を行う従業員161名(内、障がい者約40名)の企業です。
芳賀町で雑貨店を営んでいた鈴木家は、昭和38年に副業として製袋加工業を創業し、昭和55年潟Vモジマ足立工場の閉鎖に伴って一部の設備と人員を含めて合併、当社を設立しました。その後、当社は潟Vモジマの連結決算小会社となり現在に至っています。
平成24年竣工の市貝工場は、高精度・高性能を誇る製袋製造ラインを装備しています。高齢者や障がい者の従業員が心置きなく作業に専念できるようにとの経営トップの深慮から、エレベータや教養室・食堂・休憩室・アスレチック室などが設けられており、通路の壁には絵文字や絵画が整然と並んでいて癒しのビジュアル効果をもたらすなど様々な工夫が施されたモデル工場といえるものです。製造現場では、高品質のものづくりの仕組みが構築されており、効率的な製品別生産スケジュールのもと機械設備の稼働率向上や5S活動の取組みによって広範な作業改善活動が展開されています。
数年前まではコーポレート・ガバナンスの確立を目指す潟Vモジマから厳しい監査案件の要請を受け、全社的な対応状況に苦慮していましたが、当社の決算内容が改善されるに伴い、要請事項も緩やかになり自主経営を容認するに至りました。
「下請けに徹する!」との経営トップの強い決意のもと、10年来の回復基調にある親会社からの生産委託要求に当社は的確な対応でその信頼に応えていますが、オリジナル製品の直売や同業者向けの製品出荷など販路拡大を目指した自主的な事業活動も精力的に行っています。


ヘイコーパック株式会社
028-677-0214
所在地 〒321 - 3304
栃木県芳賀郡芳賀町祖母井1702-1
E-mail suzuki@heikopac.co.jp
代表者 鈴木 健夫
創立 1980 年  4 月  1 日
資本金 8,000 万円
従業員数 159名(うちパート34名)

沿革

ビジネス情報