わかさま陶芸

インフォメーション

自己アピールポイント

認証システム審査委員推薦コメント

「わかさま陶芸」は、創業5年目を迎える陶器の生産・販売および衣料など雑貨の仕入・販売を営む従業員17名の企業です。
創業者、若林健吾氏は大学卒業後、陶芸職人を目指して益子を訪れ、藤尾窯に修行入りしましたが、2年後に師匠が急死されたために独立し創業致しました。当時は、安ければ売れる時代で、従業員を採用して事業を徐々に拡大していきましたが、バブル崩壊後、事業不振が続いたため、観光客など益子を訪れる既存の顧客層の他に将来性のある有望な市場開発に取り組みました。具体的には、都心で開催するギフトショウや展示会などに毎年、企画出店するようになりました。その結果、新規取引先として見込める雑貨商の「B to B」市場のニーズ・要望に対応して、スタイリッシュで明るい色調を帯び、寸法精度の規格化された新しい陶器づくりに事業をシフトし、現在の事業基盤を形成致しました。また、全国的な陶器需要を臨んで新たにネット販売事業の構築にも取り組んでいます。
また、経営トップは必要の都度、全国の陶芸関連の学校・訓練所約70か所に向けて、明日の陶器職人を夢見る若者の採用募集の通知を発信しています。こうした若年層は中途退職・起業の道を歩む可能性が多分にありますが、職人として益子の地で起業することで、益子焼の文化としての知名度が広く高まり、共に事業繁栄することを願っているように推察されます。そのためOJTに余念がなく週ごとにカリキュラムを設けて、自ら講師となり「合評会:技術・技能講習会」を開催し従業員のスキル育成に努めると共に優れた陶器づくりに向けた組織総合力の底上げを図っています。
財務結果としては、販売面では、卸し・既存販売店ルート(益子市街)・ネット販売・直営店など広範なルート販売網確立による業績の安定化に配慮している結果、販売も堅調に推移しています。また、直営店の店舗投資についても5年後に完済するなど資金繰りも特に問題はないと判断します。


わかさま陶芸
0285-72-7414
所在地 321 - 4104
栃木県芳賀郡益子町大沢 2271-9
Email wakasama@movie.ocn.ne.jp
代表者 若林 健吾
創立 H2 年 5 月 12 日
従業員数 17 名(うちパート 15 名)

沿革

ビジネス情報