有限会社 高見林業

インフォメーション

自己アピールポイント

認証システム審査委員推薦コメント

 有限会社高見林業は個人企業として営業していたが、個人と企業経営の分離の明確化と林業事業の拡張のため、平成2年に有限会社として法人成りした江戸時代から続く歴史ある林家である。従業員数は9人。事業内容は林業が主であり、植育林、伐木、作業道整備、山林管理、山林買取などと、及び一般木材・木工品等の販売事業も行っている。
 地域の人口減少、山林所有者の高齢化により山林管理が儘ならなくなって、それらからの受託による山林管理や森林保全の業務が増加している。
 「自彊不息(じきょうふそく)」(=自ら務めそれを止めない)という経営理念の下、経営者は林業者として、先代からの山をより良い形で受継ぎ、山林の公益的機能を高水準に維持し、安定した木材生産をするという「3つの守り」に従って林業経営に臨んでいる。また、経営者は地元・県のみならず、全国の様々な林業ネットワークに関わって、林業の健全で持続した振興と発展に努めている。
 林業経営では全体かつ細部に亘って生産技術と管理業務等の経営ノウハウの高度化に努めつつ、現業の効率改善と生産性向上による高い収益性・利益性を求めて経営活動を展開している。また、経営者の的確な指導によって、少人数ながら社員は快活に業務に従事しており抜かりが無い。
 林業という産業特性もあるが、良好な自然環境づくりと環境保全に特に配慮して森林官のマニュアルやコンプライアンスの方針とともに森林管理計画を確り定め、管理森林の定期パトロールを実行し、詳細な労災防止規定を定めている。
 今回は特殊な林業に於ける経営上の工夫、固有の価値創造プロセス、将来にかける持続的な変化対応力などを診た。
 引き続き、企業力ランクアップの認証企業として推薦する。


有限会社 高見林業
0289-82-3007
会社名 有限会社 高見林業
所在地 栃木県鹿沼市上粕尾870-2
代表者 齋藤 正

創立 H2年
資本金 1000万円
従業員数 5名(パート1名)

沿革

ビジネス情報