サワ精機 株式会社

インフォメーション

自己アピールポイント

認証システム審査委員推薦コメント

 サワ精機株式会社は、1956年に東京都練馬区で椛裄V製作所を創設、その後、サワ製作所鰍ノ名称を変更、取引先であったアサヒ光学の益子町工場新設に伴い、茂木町に事業所を移転し現在に至っている。現在、本社工場、茂木町小井戸の塗装工場、茨城県常陸大宮市の材料切断工場と3事業場を構え事業を展開している。
 事業内容は、精密機械加工、プラスチック射出成形、光学機械組立、精密部品塗装、シルク・タンポ印刷等を手がけ、HOYA、興和、ナカニシ等を取引先として、当社の得意分野である精密機械加工による内視鏡部品などの医療機械部品、光学機械組立等、高い品質水準を維持している。
 このような高品質技術を維持するため、ISO9001のみならず、ISO13485(医療機械)を取得し、高品質で円滑な生産体制の保持に努めている。さらに、取引先からの多品種少量生産、厳しいQCDの要求にも対応した組織体制により、取引先からの信頼性を得ることで安定した受注確保に取り組んでいる。
 これらの経営努力により安定した受注が確保され、また、財務面も健全に推移していることから認証企業として推薦する。


サワ精機 株式会社
028-563-1161
所在地 栃木県芳賀郡茂木町増井140-1
代表者 大澤 一宏
創立 S30.4.1
資本金 1000万円
従業員数 65名(内パート22名)

沿革

ビジネス情報